読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

la bonne chanson dans mon cœur

とある藝大生。好きなもの、考えたもの、思いついたことについてツラツラと書いていきます。カメラ、革靴、色々、もちろんピアノも。

Marchons !!

どうしても自分の思考の次元に辟易して仕方が無い状態ってのが、不定期だけれども度々訪れる。それは他人と自分を見比べることに起因することが多い。

 

決して今までの自分に満足していた訳では無い。いやでも もちろん、一定の納得のもとにはあったけれども。

RPGゲームが分かりやすい例えかもしれない。

それぞれのレベルで段階があって、すべきことがあり、限界があり……。

そのレベルで動けるフィールド内をくまなく動き、スキルを少しずつ上げ、さあぼちぼち次に行くかと言ってちょっとしたボスを倒し、次の段階へと進む。

 

私は今もうこの脳ミソがいやだ!この文章がいやだ!新しいものを得たい。もっと高い次元の思考を得たい。